様々な色のネイル

爪をきれいにする

爪は綺麗に手入れをしておこう

営業ではなく、内勤なんだからと言って、あまりにも派手なネイルをしてしまいますと、かえって目立ってしまいます。特に新入社員の場合ですと、どういったデザインのネイルが良いのかと悩む人も多いのではないでしょうか。 ですが、新入社員の時は、出来る限り派手なデザインにするのではなく、手入れをしておく程度がベストなのをご存知ですか。伸ばしっぱなしや、何も手入れをしていない爪は、かえって印象を悪くしてしまう可能性が高いので、注意が必要です。 ですので、最初の内は、どういったデザインが良いのかと悩んでいる人は、是非、きちんと爪の手入れをして、指先を綺麗にするところから始めてみましょう。 そして、慣れてきたら徐々にネイルを取り入れてみて下さい。

シンプルで目立たないが鉄則

爪の手入れもきちんと行って、ある程度慣れてきたら、マニュキアを塗って、さりげなく爪先をアピールしても良いでしょう。 ですが、その際には、ピンクやベージュといったような、あまりにも派手すぎないようにすることが大切です。 そうする事で、相手に清潔感や控えめといった印象を与えることが出来ますので、大変おすすめです。ですので、赤色や黒色といったような原色で派手すぎる色や、ストーンをびっしりと爪にのせるようなデザインのネイルは、避けるようにして下さいね。 せっかく爪先を綺麗に手入れしても、ネイルの色で、印象が悪くなってしまう可能性もあります。ちょっと派手なネイルは、休日に楽しむもので、会社ではあくまでもビジネスマナーを守ったネイルを心がけましょう。